どうぶつの森ポケットキャンププレイレビュー!ソフトとはどう違うのか!

シェアする

どうぶつの森ポケットキャンプというスマホアプリが2017年11月21日に配信されました。

予定では22日配信でしたが1日早めたようです。

ですが!

心配していたとおりサーバーパンクで一時エラーが続く状況となるほどの人気となっています。

そんなどうぶつの森ポケットキャンプを2~3日プレイしてみた感想などをまとめていこうとおもいます。

ソフトとはどんな風に違うのか。

やりこみ要素はあるのか。

などをまとめていこうと思います。

これからどうぶつの森ポケットキャンプのプレイを考えている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

どうぶつの森ポケットキャンプ プレイレビュー過去作とはどうちがう!?

どうぶつの森ポケットキャンプとは

どうぶつの森ポケットキャンプとは、3DSなどで大人気タイトルがアプリになった。

老若男女問わず、人気があるので知っている方プレイされたことがある方も多いのではないでしょうか。

でも知らない方もいらっしゃる方もいるかとおもうのでここでどんなゲームなのかを簡単に説明していこうと思います。

従来のどうぶつの森とは、プレイヤー自身が村の村長になり登場するどうぶつたちを自分の村にきてもらうという設定。

今回はキャンプ場がメインステージ!

ゲーム内ではさかな釣りやムシとりなどの遊びもありそれをゲーム内通貨のベルに変えて貯めていくというもの。

サカナ釣りは、博物館などもありそこに飾っていけるということもできる。(3DS)

ゲーム内ではリアルフレンドや通信プレイなどでみんなとともだちになりそれぞれの村に行き来することができ、お互いの村を見ることが出来そこが楽しい要因のひとつ。

3DSのソフトでは花を咲かせたり、村の公共事業をすすめどんどん発展させていき自慢できちゃう!

服も、多数あり帽子、めがね、くつ、靴下、トップスなどなど。

ファッションで楽しむこともできるため女性にも大人気の要因でもあります。

アプリとソフトの違い

主なソフトとアプリの違いは、今までは村の村長だったプレイヤーは今度はキャンプ場がメイン舞台!

なのでキャンプ場の管理人になります。

違いはそれくらいですね。

サカナ釣り、ムシ探し、服、フレンドとのキャンプ場への行き来などは従来通りあります。

ただ公共施設を発展させたり、花を咲かせたり、施設にいって何かをするといったことはだいぶなくなっています。

できることは、

  • サカナ釣り
  • ムシとり
  • どうぶつをキャンプ場へ招待する
  • どうぶつのおねがいをきく
  • 鉱山で発掘
  • フレンドといいね!をしあう

など

やりこみ要素

今回のスマホアプリのどうぶつの森ポケットキャンプでのやりこみ要素は従来のソフトよりだいぶ落ちていると思いました

プレイ経験のある方はきっとガッカリされた方も多いのではないでしょうか。

サカナ釣りもタイミングなどはとても簡単なので誰でもすぐに釣れてしまう。

ムシも簡単にとれます。

ただサカナやムシは今まで通りかなりレアなものも出現するためその点ではかなりムキになりますね。

売値も高いですからね。

どうぶつのおねがいをきいてキャンパーレベルをあげていき、キャンプ場を大きくしていくというスタイルですね

スマホアプリなので手軽に楽しむという点ではいいですね!

プレイしてみて

どうぶつの森ポケットキャンプをここ数日プレイしてみました!

良かった点

どうぶつの森ポケットキャンプではすべてが簡単に操作ができます

ゲームをされたことがあるかたはなんとなくタッチしていけば簡単にゲームをすすめることができます。

ちょっとした空き時間にちょっと楽しめるのも良いですね。

サカナつりも簡単にできるので大物を捕れそう!

服もかなり多くあり、ファッションでも楽しめそう!

もう少し!

ソフトではある通信プレイがないのが少しさみしいかな?

サカナ釣りなどもう少し難しいものを期待されていた方はちょっとさみしいですかね。

ひたすらどうぶつのおねがいをきいて家具をつくっていくことになるので、飽きが早そうかな?作業ぽい要素がある。

3DSのような博物館などの施設をもっと増やしてほしいですね。

だいぶ3DSの要素が削られてしまっているのでガッカリしたというのも少しあります。

というわけでどうぶつの森ポケットキャンプについてのご紹介でした。

いいところも悪いところもありますが、みんなの反応をみても意見はわかれますね。

ガッカリした点も良かった点もありますが。

やっぱり楽しいというのももちろんあるのでぜひ一度プレイされてみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク

シェアする

フォローする